車を売る決断したタイミングは車が故障した時【故障車でも高く売る】

最近車の調子が悪くてどこか故障していると思いますが修理した方が良いですか?それとも修理代が高い場合は車の買取はしてくれますか?

このような疑問にお答えします。

実は、車が故障をしたタイミングで車を売る人は珍しくない事です。

理由は修理代が高いので修理して乗り続けるよりも車を売って新しい車に乗り換えるからです。

この記事では故障にも色々な種類がありますので、どのようなパターンの故障なら売ってダメージを少なくする事が明確になる記事になっています。

車を売る決断したタイミングは車が故障した時【故障車でも高く売る】

結論から言いますと、故障した車でも買取業者は買取を行います。

理由は国産車・外車など難しい故障も修理が得意な業者がいますので、オークションに出品を行えば適した業者が落札しますので、故障車でも需要があるからです。

故障の内容は機関故障・電装系故障など色々な症状がありますが故障箇所で減額内容が異なるので、わりと不安になるところですが、故障箇所で減額がいくらされるかと言うことが明確に出している買取業者はないです。

  • 全く減額されない故障内容もあります
  • 減額が100万円になる場合の故障内容もあります

故障内容で車の相場も大きく変わりますので、故障した内容で車を売却した方がダメージが少ないです。

故障内容で減額される目安

国産車を例にして故障内容から一般的にどれくらいの減額があるかを説明します。

例)26年式トヨタ プリウス Gツーリングセレクション 4万キロ

プリウスの買取相場:100万円

  • エアコン故障:5万〜10万円
  • 電動格納ミラー故障:1万〜3万円
  • ウォーターポンプ故障:5万〜10万円
  • ミッション故障:20万円〜40万円
  • ハイブリットシステム故障:30万円〜50万円

全ての故障内容は書けませんが、一般的にありがちな故障です。

機関系の故障はわりと高額な減額です。

とは言え、このような故障でも需要があるので安く売る事を考えるのではなくて減額をどう少なくするかを考えます。

簡易な故障は珍しくないので高く売るチャンスはある

簡易な故障でも買取業者は安く修理できる内容を知っていますが、故障車は安く買取る事ができるので提示する金額は低めですが冷静に交渉をします。

  • エアコン故障→単なるガス抜けなら問題ない
  • ハイブリット故障→バッテリーリセットで直る可能性

故障の内容をディーラーで見てもらって修理代がどれくらい掛かるかを確認してから車を売る事を考えるか?

または、減額内容を把握したいので一度ディーラーで点検を行い見積もりを取るという事で無駄に減額をされないようにする対処方法も必要です。

ハイブリット車の故障は修理代が高い

ハイブリット車は日本車も外車も多く販売されていますが、ハイブリットシステムの故障は各メーカーで共通しますが故障の修理代は高額です。

ハイブリット車のバッテリー部分はディーラーでもメカニックも低電圧講習を受けて資格を得ていないと扱う事ができない事とハイブリットの修理に慣れていないメカニックも多いので一般の修理工場でもハイブリットシステム故障には困っています。

とは言え、故障の内容ではわりと少ないと思いますが、万が一にも故障している可能性で車メーターないの異常ランプが点灯していた場合には注意が必要です。

メーカー保証が残っている場合は修理した方が良い

日本車は登録から3年または6万キロのメーカー一般保証(トヨタ)がありまして、一般保証の他には特別保証が新車から5年または10万キロの保証がありますので、故障内容に特別保証内容があれば修理した方が良いです。

参考 トヨタメーカー保証についてトヨタ公式サイト

ぶっちゃけ、メーカー保証で無償修理ができてしまえば故障車を売ると言う選択さえなくなる可能性もあり、車をもう少し長く乗ると言う選択もあります。

故障した車が不安になる場合

日本車は外車に比べて故障も少なくて安心して乗る事ができますが故障を経験してしまうと、修理で直ったとしても不安が残ります。

車はわりと個体で故障しやすいなどの場合もありますので、同じ箇所が再度故障してしまう例もありますので、特に大きな故障を経験してしまうと車を乗るたびに不安になる場合もあります。

  • 道路の真ん中でエンジン止まってしまう不安
  • 高速道路でエンジンストップで恐怖

このような故障が原因で不安をもってしまった場合も車を売って乗り換えてしまえば不安もなくなる方法です。

外車の場合は故障を繰り返す可能性が多い

外車の場合はメーカーと車種によりますが、故障は日本車と比較しても修理代は倍以上になります。

外車に乗る人はその辺りのことも熟知して外車に乗っていますが、最近の比較的コンパクトな外車を購入する方は日本車と同じような感覚で乗っているので、故障をした時にわりと萎えてしまいます。

昔の外車に比べれば故障は少なくなってきていますが、特に機関故障してしまった場合が最悪です。

  • 外車の中古車の保証は短いか保証ナシ
  • メーカー保証は短期間(3年)

外車の場合は3年が一般的でそれ以上の長い期間の保証に加入したい場合は有償になっている場合が多いです。

なぜなら、外車の保証期間を長くすると修理代も高いので販売しても利益以上に修理代が掛かってしまうのは言うまでも無いです。

外車の故障車は日本車よりも減額が大きい

このような理由から外車は故障がある場合は日本車よりも減額が大きくなりますので、故障した場合は故障内容によりますが早期に修理を行わずに売却した方がダメージが少ないです。

車種クラスにもよりますが、日本車と比較して減額されるイメージです。

  • 日本車のエアコン故障減額:5万〜10万円
  • 外車のエアコン故障減額:10万〜20万円
  • 日本車のミッション故障減額:20万〜40万円
  • 外車のミッション故障減額:50万円〜100万円

わりとコンパクトクラス〜中型車までののイメージの査定減額です。

理由hが外車のパーツ代は高いので修理代は高くなってしまうからです。

まとめ:結論は故障したタイミングが売り時

結論は期間故障などは高額修理になってしまうので、故障したタイミングで車を売る方がダメージ少ないです。

オークションに出品される車で故障があるケースは決して少なくは無いので、多くの人が故障した事を理由に車を売却していますが、オークションに出品される車は修理はされていなくて故障したまま取引されています。

故障した車は問題なく買取業者は買取ますが、故障した車でもネガティブな考え方になりますと、安く買い叩かれてしまいますので故障車の需要の相場も間違いなくありますので一括査定で競合をさせて交渉する事でダメージを少なくして売る事ができます。

一括査定サイトはどれも大差がないので大手3社から選んで問題ないです。

最も使いやすい上記の一括査定サイトを選んで申し込みするだけですが、大手で言えばガリバー・アップル・カーチスなどの上場している買取業者を選択して競合させて高い買取金額を引き出せばOKです。

大手買取店は故障車も多く買取実績がありますので、一括査定で問題なく売れます。

人気記事 中古車 一括査定サイトの選び方+おすすめ5選【売る前提で選ぶべき】
人気記事 【悲報】買取したくない車は0円の査定額で安く買取します【業界の常識】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です