中古車 一括査定サイトの選び方+おすすめ5選【売る前提で選ぶべき】

一括査定サイトでどのサイトが一番高いか知りたいな。おすすめの一括査定サイトはどれ?査定を頼むコツとか知りたいです。

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 一括査定の選び方+おすすめ5選
  • 一括査定は売るべき前提でするべき
  • 一括査定は無料ですが、金額だけ知りたい目的だけで査定依頼するべきではない

この記事を書いている私は中古車業界20年以上。

今も大手買取会社に所属をして、主に企画系の仕事をしていますが、スタッフだった頃は出張査定など直接お客様と対面をして買取を行って経験があります。

大きなトラブルはありませんが、他の買取会社の買取手法や商談トークも全て知っています。

このような背景から語ります。

中古車 一括査定サイトの選び方+おすすめ5選【売る前提で選ぶべき】

結論から言いますと、一括査定サイトはどれも大差なし。

比較的大手から順番に3社くらいから検討をして、一括査定は1サイトに限定をして査定をお願いすることが良いです。

なぜならば、登録している買取業者は同じなので一括査定の入り口が違うだけなので、複数の一括査定サイトを使うメリットがないです。

わりと、質の悪い買取会社が登録している一括査定サイトから申し込むとトラブルの原因になります。

大手一括査定サイト【とりあえずチェックするべき】

冒頭に説明をした通りに一括査定サイトに大差はないので、チェックをするサイトは3社だけで十分に一括査定で競合させることができます。

一括査定をするならこのあたりで気にいったサイトで良いかなと。

信頼の高い買取業者が登録しています。

例えば10社に買取査定を依頼しても同じです

一括査定サイトが多数ありますが、登録している業者は同じで、車を売るオークションも同じなので基本的にはどの業者も買取金額は同じような金額ですが、どこまで頑張れるかの違いしかないです。

多くの買取会社に査定をしても余りメリットがないので、一括査定で申し込んでも3社〜5社に絞って査定をした方が消耗しないです。

繰り返しますが、売却の方法は自社小売かオークションしかないので、同じような金額にしかならないです。

中古車一括査定サイトは売るべき前提で使うべき

良くありがちな例としては「自分の車の金額だけ知りたい」

このような申し込みがありますが、ぶっちゃけ迷惑な申し込みです。

なぜならば、売る気がないのに金額だけ知りたくて申し込んだ人は電話だけで車の金額が知ることができると勘違いしているからです。

中古車が売れる相場と買取相場は別物です

トラブルの原因

金額だけ知りたいと言う申し込みが多くのトラブルになっていますので、売るべき前提でなく気軽な一括査定をしていることが多いです

  • 買取業者が金額を言わない
  • しつこい電話が掛かってくる

売却を考えていない方には買取金額を言わないのは、買取業者の鉄則です。

なぜならば、相場金額を伝えたとしても売らない人に買取金額を伝えるメリットがない事や相場を伝えても買取金額と勘違いされてしまうことが多いのでトラブルになってしまいます。

電話をすることも、わりと当たり前のことで一括査定は車売却を考えている人が申し込むサイトなので、申し込みされたからには営業の電話をします。

一括査定なので、わりと普通のことですが一括査定は車を売却するユーザーが使うべきサイトなので、申し込みがあった場合はアプローチの電話をします。

金額だけ知りたいと言う簡単なユーザーのトラブルが多いです。

一括査定でトラブルにならない交渉方法

一括査定サイトを使う事でトラブルにならない方法は売る意思がないのに申す込むことですが、売り前提で一括査定を行ってもトラブルがあります。

トラブル5つの例

  • 買取価格だけ聞きたいので査定をした結果、買取業者は買取価格を言わない
  • 契約をして後からの別業者に1ま万円上乗せされたので最初の業者の契約をキャンセル
  • 買取業者を同時刻に読んで名刺に買取金額を書いて一斉に出させたら同じくらいの金額で談合している
  • 契約後に後から事故が発見されたので減額された
  • 強引な買取を強要された

実際にある買取業者とのトラブルですが、買取業者が悪いようにも見えますが、一括査定を申し込んだユーザー側にも問題があります。

車の買取は商談なので買取業者との駆け引きはある程度必要です。

なぜならば、車を買い取る事は仕入れなので安く仕入れたいと思うことは必然なので、買取業者との駆け引きで高い金額を引き出すことが最も重要なことですよ。

闇雲に安く買われたなど悪い印象しかありませんが、世の中の小売業全て仕入れは安く仕入れることが健全な行為なので、買取業者と健全な駆け引きを行なって高い金額を引き出すことだけを考えることです

トラブルの対処方法

トラブルに関しては一括査定を申し込んだユーザーにも問題がありますが、買取業者にももちろんありますので、前もってトラブルを避けるために事例を元に説明します。

買取価格だけ聞きたいので査定をした結果、買取業者は買取価格を言わない

一括査定は売る前提で申し込むべきものなので買取業者は言わないです。

なぜならば、もし途中で気が変わって売りたいと思った場合に時期が変わってしまい買取価格が変わるのでトラブルになるケースがあります。

買取業者が提示する金額は直近で買取金額がベースなので半年後の金額は相場が動いているので話せないと言う方が正しいです。

契約をして後からの別業者に1万円上乗せされたので最初の業者の契約をキャンセル

わりと、あるケースですが契約が成立しているのに別の業者に1万円乗せられてキャンセルしたいと言うことですが、車の引き取りなどが済んでしまっていれば掛かった経費を請求されます。

中古車買取はクーリングオフが対象外なのでキャンセル料など請求された場合は支払うしかありませんが、大手はこのような内容で揉めたくないのであっさりとキャンセルを受けていますが、小さな買取業者などはコンプライアンスもないのでかなり揉めると思います。

買取業者を同時刻に読んで名刺に買取金額を書いて一斉に出させたら同じくらいの金額で談合している

結論から言いますと、買取業者はこのようなユーザーは珍しくないので、同時刻に来る業者は全て顔見知りに近くて談合することは事実です。

なぜならば、最もキライなユーザーのパターンなので、買取業者もこのようなユーザーはメンドウなだけなので談合して安い金額しか提示されないので、やるだけ無駄です。

契約後に後から事故が発見されたので減額された

契約書にサインをする場合には事故・故障を隠していないかなどの内容も確認してサインをしていますので、もし車にそのような事故・故障があれば最初から話すことがトラブルにならないケースです。

そのような問題を避けるためにガリバー・ビッグモーターはクレームガードという保険を掛けて後から請求しない方法をとっていますが、事故・故障は隠さずに最初から申告して査定を申し込むべきです。

強引な買取を強要された

このようなことが無いように大手買取店を選ぶべきです。

わりと、このようなことをする業者は店舗も小さくてコンプライアンスも整っていないので一括査定で選択をしないほうが良いです。

もしこのようなことがあれば消費者センターなどに相談をしてください。そして絶対に契約しないことです。

相場だけ知りたい場合は、ズバット車買取比較で十分

単純に相場だけ知りたい場合はズバット車買取比較チェックしますが、買取金額とは異なります。

相場チェック方法

中古車の査定相場だけを調べる入り口です。

オプションや外装状態は入力する項目がないので、目安の相場になります。

そして、どれくらいの相場で下がって行くのか目安を見ることができます。

本当に買取金額が知りたい場合は、現車確認を行い詳細な状態やオプションなどを加味しないと本当の買取金額は提示されないです。

とは言え、買取相場ではないので、実際に売る気がなくて相場だけ知りたい場合は簡易な査定をするとある程度の目安ができます。

【無料相場】 ズバット車買取比較

一括査定サイトの特徴+おすすめ5選

一括査定サイトには同じ買取会社が登録されていますが、サイトの内容は大差なしですが、特徴だけ説明をします。

多くのサイトを紹介しても使い勝手の内容でしかないので比較しても何が良くて、何が悪いかの違いもありません。

最も大事なのは、質の悪い買取業者が登録していない事が大事です。

質の悪い買取業者が登録されていると、安く買い叩かれてしまうなどのトラブルが多いので注意しながら一括査定を申し込む必要があります。

カーセンサー

リクルートが運営しているカーセンサーです。

1000件を超える業者と提携しているので、全国規模で自分に見合った買取業者に依頼することができます。

カーセンサーの特徴として一括査定で10社に依頼してしまうと10社と交渉しなければいけませんが、自分で業者を選択できますす。

また、カーセンサーの機能として電話の時間など要望が最初から記入できるのでかなり便利です。

この機能はカーセンサーだけです。

【無料】 愛車無料査定も『カーセンサーNet』

カービュー

カービューは一括査定を最初に始めた老舗サイトで、Yahooの子会社になっています。

買取業社業界では最も有名なサイトなのでかなり多くの買取業者が登録をしていますが、老舗サイトなので若干質の悪い業者も登録されているのは事実。

とは言え、大手の買取会社だけ選択すれば安心です。

【無料査定】 carview愛車無料査定

一括査定.com

最も安心できる一括査定サイトが一括査定.comです。

なぜならば、JADORI (日本自動車流通研究所)と言う中古車の流通を健全化するために設立された団体で登録される買取業者も厳選されていますので、悪い噂や内容など審査されないと登録ができないです。

最も安心できる一括査定サイトなのは業界でも認識されています。

【無料・安心】 【JADRI公式】一括査定.com

新しい一括査定サイト

一括査定は多くの電話はメールがきてウザい。

また、商談されることがメンドウでもっと簡単に一括査定をしてもらって買取価格を提示してもらいたいと言う方にはかなり使い勝ってが良い一括査定サイトです。

UIIo(ウーロ)

新しい一括査定サイトですが、運営しているのは新車見積もりサイトなどでも有名なオートックワンです。

今までと異なる部分は車を見せないで情報だけで査定価格を提示してくれるので、営業電話などが掛かってこないのが特徴です。

車の情報に加えてオプションの入力と画像を添付することができますので、買取業者はこの内容をみて買取価格を提示しますがメールや電話ではなくてサイト上で確認することができます。

とても簡単に見えますが、問題は買取価格を決定して最も高い買取業者に買取を依頼しますが、現車を確認を行って事故などがあった場合は逆にキャンセルされたりしますので、表示された買取金額が最終提示額と異なる場合があります。

とは言え、今までの一括査定の不満な部分を払拭した新しい一括査定サイトになります。

UIIo(ウーロ)の気になるところ

気になるところは大手買取会社が参加していです。

現車を見ないで価格提示を行うことで、後日の現車確認で価格が変わる場合にユーザークレームになりますので、大手は参加しないでしょう。

現車確認で内容が異なることは買取業者の問題ではなくユーザー側の問題ではありますが、このような場合でもクレームを入れてくるユーザーが珍しくはないので大手は参加をしないです。

参加している買取業者はフランチャイズの買取店も多く目立ちますが、営業電話などないので、わりと試してみる価値はあります。

【無料・営業電話なし】 中古車一括買取査定【”いつのまにか査定”のUllo(ウーロ)】

まとめ:中古車 一括査定サイトの選び方+おすすめ5選【売る前提で選ぶべき】

一括査定は車を売却する上で最も利用されていますが、トラブルも多く聞いていますので不安になるかと思いますが、売る前提で利用していれば問題も少なく、日本で車を売却する方法では最も高く売却できる手段です。

最も高くは言い過ぎかもですが、最近はフリマなどで買取業者より高く売る方法もありますが個人売買は問題あり過ぎなので紹介できないです。

一括査定は買取業社を競わせて高い買取価格を引き出すので、言ってみれば買取業者との交渉・商談をすると言うことなので真剣勝負です。

その交渉が苦手な人は、ぶっちゃけて使わない方が良いかもです。

とは言え、高値で車を売却できるのは一括査定でしかないので、悪質業者が混ざらない優良一括査定サイトから申し込むべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です