【初心者・女性も安心】車を売る注意点・トラブル回避と交渉テクニック

車を売りたいのですが、トラブルは避けて高く売りたいのですが、どこに売れば良いですか?ついでに高く売れる交渉の方法も知りたいです。

このような疑問にお答えします。

実は車を初めて売ることに慣れていないと困る事が多くありますが、最低限のコツだけを抑えていればトラブルも無く高く売ることができます。

なぜならば、トラブル無く売るには契約のチェックを行なって、高く売るには最低限の交渉の方法があるので、簡単なステップと方法さえ間違わなければ高く売ることができます。

この記事では、初心者が車を売る際にトラブルにならないように抑えるポイントと高く売る交渉の簡単なテクニックが明確になる記事になっています。

【初心者でも出来る】車を売る注意点・トラブル回避と交渉テクニック

結論から言いますと、車をトラブル無く売るには大手買取業者を選ぶ事で大半のトラブルは避けて通ることができます。

なぜならば、大手はコンプライアンスもありますし、上場している会社もありますので詐欺紛いなことをすれば一瞬でマスコミに叩かれてブランドイメージが壊れてしまうからです。

比較的に小さい買取業者だと正攻法で買取を行うと資金力などから大手には敵わないので、わりと騙すような商談をして大手よりも先に契約をしようと商談内容も乱暴です。

提示する買取金額が大手よりも高い場合がある

とは言え、車を引き取った後には何かの理由で減額などされる可能性がありますので、車も書類も渡してしまっては遅いです。

このようなトラブルが多いので、大手だけで競合させた方が健全に高く売ることができます。

大手買取店1社だけの査定は安くなるので必ず一括査定で競合させる

車を売るのは大手が最もトラブルを避けられますが、大手の買取業者は店舗を運営しているので店舗に行っての査定はオススメできないです。

理由は1社で売ってしまうケースが多いからで、大手の買取業者を回って査定して貰うことは時間も掛かりますし、精神的にも消耗してしまうので、最初に一括査定を申し込んで大手3社くらいに限定して競合させることが最も高く売る手段です。

一括査定以上で高く売る方法はないです

一括査定サイトはどれも大差がないので大手3社から選んで問題ないです。

新車ディーラーの下取り価格は買取価格とは違うのでメリットなし

ディーラーの下取りなら高く売れるのでは?という考えもあると思いますが、そもそもは下取りと買取の意味合いが異なりますのでディーラーで査定を受けても余り意味がないです。

  • 下取り→新車を販売するための買取
  • 買取→買い取った車を再販したりオークションで売却する

下取り価格は良く新車の値引きと調整して高く買い取るかの様に見えますが、新車を購入しないで買取は行わないので安い査定金額しか提示しないです。

買取の場合は中古車の流通経路で最も高く売る流通経路を通って行きますので、必然と買取金額は高くなります。

最も車を高く買う買取業者は中古車を展示して販売する店舗を持っている会社であれば、最終的に店頭に並べて販売ができるのでディーラーの下取りでは無くて、中古車を扱っている会社の下取りとなりますが、店頭販売に向いていない場合はオークション相場での買取価格になります。

車を売って、次の車の購入の予定がない場合は、買取査定となります。

知人・友人に紹介には、わりとメリットないので避けましょう

良くある話ですが、買取業者に知人・友人が働いている場合に安心感がありますので、買取査定をお願いするケースがありますが、わりとカモ的な感じになります。

知人・友人なら安心して1社だけの買取査定になりますので、最初から最も高い金額で買い取ってくれていると思い込んでしまいますが、この様な紹介案件が最も利益が取れるパターンなので、日々紹介案件を探している事実です。

友人・知人は関係性を保つために安心感を得るだけで高値には繋がらない

また、紹介案件のあとで一括査定や他社での査定をして、もし他社の方が高い買取査定だった場合は友人・知人の関係も壊れてしまう可能性がありますので、わりと他社にも行かないので利益が大きいです。

【初心者・女性も安心】車を売る誰でも出来る交渉テクニックと注意点

車を売る際に交渉が必要ですが、多くの人が勘違いしていますが正当な交渉テクニックなどありません。

なぜならば、最も高い買取業者に売るだけなので、毎日商談をしている買取業者に変な交渉テクニックを使っても話が進まないだけで、わりと消耗していますので最も簡単な方法を教えます。

交渉で言っていけないこと・してはいけないこと

  • 希望金額:〇〇万円なら売ります。
  • 今日売りたい(即決しない)

買取業者が最も知りたいことで売却時期と希望金額さえ聞き出せれば交渉が買取業者が有利になってことが進んでしまいます。

交渉で伝えるべき内容

  • 最も高い買取業者に売るので金額提示してください
  • 買取金額に納得すれば直ぐに売ります。
  • 別な買取業者にも査定は依頼していますので比較します。

この3つだけで十分ですが、「どちらの買取業者で査定をしていますか?」と問いには答えなくてOKです。

自分が優位に立って交渉することが重要です。

査定前に洗車・車内清掃を行って印象良くする

車をキレイにしても査定額が上がるとは限りませんが、査定員の印象はかなり変わることは事実です。

例えば、車内に灰皿などある場合は査定表にもタバコ臭いありなど査定表に書き込みますが、ここ最近の車は再販する場合に禁煙車しか買いたくないなどの条件で購入するユーザーも増えているからです。

臭い対策も必要です。

最も大事なのはキレイな車の方が印象が良くなりますので、交渉する際にも買取業者にも細かいと言う印象を植え付けられます。

汚い車だとズボラな印象なので、わりと安めの金額で買い叩こうとする印象になります。

車のセールスポイントやなど整理して準備

自分の車のセールスポインはどこなのかを査定前に整理して買取業者に伝えて見ましょう。

  • 走行距離が少ない
  • 比較的良いナビが付いている
  • オイル交換をマメにしている

など、記録簿などに整備記録があれば売れやすくなりますので、これだけの理由で高い買取金額は出ませんが印象良く査定をしてもらえるので、マイナス要素にはならないです。

契約内容をチェックしてトラブルを回避する

買取金額が決定して契約書を交わ際に注意するべきことがあります。

車を引き渡した後に、事故箇所が見つかった・故障が見つかったなどと言う理由から査定額を後から下げられる様なトラブルがあります。

この様なトラブルは契約書の約款の内容によって、大手買取業者でも余りにも酷い内容の場合は契約書の内容なので査定額を下げて来るケースです。

瑕疵担保責任(かしたんぽ)について約款の内容

契約後の損失に関しての内容です。

契約書にサインをする際に「事故」を修理したことがあるかサインが求められます。

当然、事故修理をしてことがなければ問題ありませんが、事故の修理をしたことがある場合は査定時に事前に話すことが重要です。

また、契約後のキャンセルも瑕疵担保責任の範囲になっているケースも珍しくありません。

例えば、別な買取業者から後からもう少し高い金額で買い取る連絡がきたのでキャンセルしないなどの理由は瑕疵担保責任の範囲になりますので、買取業者から違約金を請求されることも珍しくないので、契約は慎重に行うことです。

自動車税の還付について確認

車を売った場合には、未経過分の自動車税に説明が必ずあるかと思いますが、買取金額に含まずに自分に還付することを必ず伝えましょう。

自動車税の説明をされて、自動車税の還付委任状に印鑑を押してしまうと自動車税は買取業者に還付されてしまいますので、自動車税は自分に還付すると必ず伝えて還付金を受け取りましょう。

自動車リサイクルの払い戻しについて確認する

自動車リサイクル法では、車の最終所有者が廃車費用を負担しなけれがいけませんので、売却する車を購入した時にリサイクル料金を支払っているはずなので、車を売る際にはその時に支払ったリサイクル料金を買取業者は支払う必要があります。

買取金額に含んでしまっている場合は買取金額の明細を確認することが重要ですが、本来は買取金額とは別にリサイクル料金をもらわないといけないです。

車を売る車両代金の支払いに関する注意点

大手に買取業者に車を売った場合に支払われる車両代金支払日が決まっているので、週1〜2営業日で支払われますので契約時に書類まで揃った時点で支払い日が決定します。

車両代金の支払い方で注意する

数十年前には現金買取・その場で即金買取などが当たり前でしたが、今は現金買取をしている業者は質が低い買取業者の可能性がありますので注意してください。

現金買取をする理由は目の前に現金を積まれてしまうと人間心理としてお金が欲しくなってしまいますので契約をしてしまいますが、わりと安く買い叩かれている可能性が大きいです。

現金なら今すぐに100万円支払いますが、振込なら80万円ですがどうしますか?

など、実は買取相場が120万円だったりなど数十年前の手法なので、現金買取の買取業者は避けて契約をしないほうが良いです。

まとめ:【初心者・女性も安心】車を売る注意点・トラブル回避と交渉テクニック

冒頭に述べた通りに、詐欺まがいの買取が心配な方は一括査定から大手3社くらいだけ選択をして買取査定を行えば大半のリスクを避けられます。

その場合はどの一括査定がいいですか?

一括査定サイトはどれも大差がないので大手3社から選んで問題ないです。

最も使いやすい上記の一括査定サイトを選んで申し込みするだけですが、大手で言えばガリバー・アップル・カーチスなどの上場している買取業者を選択して競合させて高い買取金額を引き出せばOKです。

高い買取金額だけで、余り聞いたこともない多くの買取業者を選択してしまうと、質の悪い買取業者も選択してしまって今回説明した様なトラブルになってしまうケースがあります。

人気記事 中古車 一括査定サイトの選び方+おすすめ5選【売る前提で選ぶべき】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です